大阪ベイエリア連携会とは

 大阪ベイエリア連携会は、大阪ベイエリアに立地する観光・宿泊施設などにより、施設連携による大阪ベイエリアへの集客アップと集客施設間の回遊性向上、ひいては大阪ベイエリアの発展を目的に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™のオープン前年である2000年11月15日に発足しました。
 大阪ベイエリアの範囲は、大阪市の北港、舞洲、ユニバーサルシティ、天保山、南港のエリアとしています。
 大阪ベイエリアの知名度アップとエリアへの集客アップをはかるため、大阪ベイエリアを一覧できる『大阪ベイエリアマップ』の配布や、ホームページ「OSAKA BAYAREA.com」での情報発信、イベント情報誌「ベイエリアNOW」の発行などを中心に、様々な施設連携事業を実施しています。
 今後も、おもてなしの心を持って、エリアの繁栄をはかるための施設連携事業を実施していきます。

▲ページのトップへもどる
大阪ベイエリア連携会ATCORC 200アートグレイス・ウェディングコーストインテックス大阪大阪フェリー協会海遊館観光船サンタマリアキャプテンラインホテルコスモスクエア国際交流センターコスモライン天保山大観覧車ハイアット リージェンシー 大阪大阪ジョイテルホテルホテル大阪ベイタワーホテルシーガルてんぽーざん大阪ユニバーサル・シティウォーク大阪™ユニバーサル・スタジオ・ジャパン©ホテル ユニバーサル ポート大阪文化館・天保山ホテル・ロッジ舞洲